• このページをシェア

ひらど平戸温泉

異国情緒あふれる平戸で入るトロトロ泉質の「美人の湯」

日本の陸路最西端にある長崎県平戸市。鮮やかな朱色の平戸大橋を渡って平戸島に入れば、そこは異国情緒あふれる城下町。かつて、日本最初の西洋貿易の舞台としてオランダ、イギリスなどと交易が行われた港街。 現代でも街の随所に異国文化の名残を残している。市内には復元された平戸オランダ商館や14のカトリック教会、世界遺産候補の潜伏キリシタン史跡が点在。 歴史的な魅力もさることながら、港町ならではの新鮮な魚介や貿易で伝わった南蛮菓子などが味わえるのも魅力の一つ。平戸温泉に入りながら、歴史探索や食の魅力もご堪能を。

平戸温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、冷え性、皮膚病、打撲、痔疾

平戸島内の地下1200mから1日約288tのお湯が湧出しており、「平戸温泉給湯センター」から利用を希望するホテル、旅館、民宿などに配湯している。一般の方もお湯を購入することが可能。無色透明の湯で、保湿効果が高く、「美人の湯」と呼ばれることも。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長崎県平戸市

アクセス

  • でお越しの方

    佐々ICから車で約30分

  • 電車でお越しの方

    たびら平戸口駅から徒歩約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら