• このページをシェア

うんぜん雲仙温泉

雲仙の大地がもたらす乳白色の硫黄泉

約30の地獄から絶えず吹き上げる噴煙と硫黄の香り。あふれ出る強酸性の湯に、キリシタン殉教の舞台となった哀しい歴史が残る「雲仙地獄」。その湯けむりの向こう、雲仙岳をはじめとする1000m級の山々に囲まれて、標高700mの地に湧くのが雲仙温泉だ。 日本初の国立公園に指定された温泉保養地は、約350年の歴史を誇る古湯。温泉神社を中心に、味のある宿や共同浴場が温泉街を形成する。乳白色のお湯と硫黄の香りは温泉情緒たっぷり。 湯上がりには、名物温泉たまごや島原の乱で天草四郎が考案したという郷土料理「具雑煮(ぐぞうに)」も欠かせない。自然豊かな高原で、自慢の名湯と雲仙の味覚が旅の夜を温かく包み込む。

雲仙温泉の宿一覧(7件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(乳白色)
泉質 硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、肩こり、疲労、冷え性、皮膚病、美肌

今から約350年前、加藤善右衛門が湯壷を置いて開湯したのが始まりと伝わる古湯。江戸後期から明治にかけて、長崎に出入りする外国人のリゾート地として発展した。かのシーボルトやケンベルも訪れたとか。雲仙地獄周辺の源泉は37本。1日約400tの湧出量を誇り、硫黄の香り漂う乳白色の硫黄泉は肌に優しく、身体を芯から温める。噴煙上げる平成新山や、四季折々の表情を見せる高原の大自然と名湯。雲仙の大地がもたらす恵みに、ただただ感動するばかり。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長崎県雲仙市小浜町雲仙

アクセス

  • でお越しの方

    諫早ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    諫早駅からバスで約70分

このサイトをシェアされたい方はこちら