• このページをシェア

こわきだに小涌谷温泉

箱根十七湯の一つ、標高約600mに湧く22もの源泉力

箱根山の中腹、標高約600mの高地に位置する箱根十七湯のひとつ。季節になると数十種、約3万株のツツジとサツキが咲き誇る約2万坪の大庭園「蓬莱園」、浅間山と早雲山の美しい稜線など、見どころが各所に点在。 湯量豊富で良質な温泉が愉しめるのも大きな魅力である。木々に囲まれてゆっくりと湯に身体を沈めれば、心からリフレッシュできる事間違いなし。家族で楽しめる大規模なスパリゾート「箱根小涌園ユネッサン」があり、箱根の温泉をリードする存在として大きな注目を集めている。 四季折々の豊かな自然と、時代の先端を行く新感覚の施設の両方を有する小涌谷には、新旧の箱根の魅力が見事な調和を保ちながら共存している。

小涌谷温泉の宿一覧(6件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉、塩化物泉
効能 神経痛、疲労など

古くは噴煙の上がる荒涼とした地形であり、かつては「大地獄(大涌谷)」に対して「小地獄」と呼ばれていた。江戸時代に発行された箱根の案内書「七湯の枝折」には、「地一めんに熱し巌の間より泥湯玉きりにゆる」と、その地獄のごとき景観が描写されている。明治6年、明治天皇の行幸に合わせて「小涌谷」と改名され、箱根への交通網が急速に発展した明治10年代後半以降、温泉場としての開発が開始された。源泉は全22本、湧出量は毎分約1819Lと豊富。泉質はアルカリ性単純温泉、単純温泉など4種類が味わえる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷

アクセス

  • でお越しの方

    箱根口ICから車で約30分

  • 電車でお越しの方

    箱根湯本駅からバスで約20分~25分

このサイトをシェアされたい方はこちら