• このページをシェア

ゆだ湯田温泉

維新の志士が集い、奇才が愛したいで湯

今も昔も、盛り場として人々が集う賑やかな温泉街。飲食店が並び、夜にはネオンが輝く。江戸時代末期、新しい日本の誕生を夢見る若き青年たちが夜な夜な訪れ、理想の未来について熱く語り合ったという。 後に、明治維新の立役者となり後世に名を残す高杉晋作、伊藤博文、坂本龍馬など多くの志士がこの地で酒盛りをし、この地に生まれた近代詩人・中原中也と、放浪の俳人・種田山頭火が旅すがら立ち寄った際に、偶然この地で酒を酌み交わしたというエピソードは、今でも語り継がれている。 山口市内屈指の繁華街。華やかな町の風景とは裏腹にどこか懐かしい空気が漂うのは、先人たちが紡いできた時間が今なお、息づいているからかもしれない。

湯田温泉の宿一覧(3件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性など

田園から湯が湧き出ていたことから、「湯田」の名がついた湯量豊かな温泉地。山陽路随一の温泉郷として栄え、現在も約72℃の湯が1日約2000tもこんこんと湧き出ている。無色透明のアルカリ性単純泉は、柔らかく肌にしっとりと馴染むのが特徴。温泉独特の癖がなく長湯もできるので、体の疲れをのんびりと癒すことができる。その昔、一匹の白狐が町の寺の境内に毎晩のように姿を現し、小池に足を浸して傷を治したという「白狐伝説」が残り、今も温泉街のマスコットになっている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山口県山口市湯田温泉

アクセス

  • でお越しの方

    小郡ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    湯田温泉駅から徒歩約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら