• このページをシェア

ちちぶたかしのこうせんきょう秩父高篠鉱泉郷

横瀬川に沿って点在する3つの温泉

秩父高篠鉱泉郷は、埼玉県西部の秩父市に流れる横瀬川に沿って点在する3つの鉱泉。泉温はやや低めだが良質の鉱泉が湧く。鎮守様や不動明王の導きで見つかったという「新木鉱泉」と「不動の湯」、武田信玄が和銅金山を開い た当時より続くといわれる「和銅鉱泉」がある。 秩父札所三十四ヶ所めぐり、武甲山などのハイキング、秩父・長瀞観光の拠点として利用されている。秩父市街地を一望できる羊山公園の「芝桜の丘」は秩父の新名所として 一度は見ておきたい景色が広がる。 色とりどりの芝桜がデザイン化され植栽されている。芝桜開花期間中は各種イベントも開催されている。ほとんどの宿泊施設で日帰り入浴ができるので、観光した後に温泉に立ち寄り寛ぐこともできる。

秩父高篠鉱泉郷の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、美肌

泉温は15℃。pH8.8のアルカリ性。メタホウ酸が含まれている。やわらかな湯で肌もつるつるになると評判だ。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

埼玉県秩父市

アクセス

  • でお越しの方

    花園ICから車で約40分

  • 電車でお越しの方

    西武秩父駅からバスで約15分

このサイトをシェアされたい方はこちら