• このページをシェア

すじゆ筋湯温泉

九重の地熱がもたらす名物“打たせ湯”

九重連山に抱かれたのどかな山里に湧く温泉地。山麓にもくもくと立ち上る湯煙が温泉情緒を一層高める。1000年以上の歴史を誇る筋湯温泉の名物は「打たせ湯」。白壁造りでどっしりと建つ共同浴場「うたせ大浴場」には、18本の打たせ湯が並ぶ。 別名「あんまいらずの湯」。4軒ある共同浴場のうち、露天風呂の「岩ん湯」にも滝湯が流れ落ちている。他にも野趣あふれる「せんしゃくの湯」や檜造りの「薬師湯」と個性あふれる共同浴場が揃い、かつては湯治場として発展。 四季折々の表情を見せる飯田高原も近く、夏は避暑地として賑わう。壮大な大自然とのどかな温泉情緒の中、打たせ湯に打たれて日頃の疲れを癒したい。

筋湯温泉の宿一覧(4件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、疲労など

筋の病に効くから「筋湯」、もしくは湯滝が筋のように見えるから「筋湯」と呼ばれるように、打たせ湯で有名な筋湯温泉。筋湯に温泉をもたらす九重の地熱は、発電にも利用されるほど豊富。遊歩道が整備されている「小松地獄」や九州電力地熱発電所から噴き上がる湯煙に、自然の威力を実感させられる。打たせ湯の後は、地鶏に野菜を詰め込んで小松地獄の地熱で蒸した名物料理「極楽温鶏」に舌鼓。自然の恵みを全身で堪能する。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

大分県玖珠郡九重町筋湯温泉

アクセス

  • でお越しの方

    九重ICから車で約40分

  • 電車でお越しの方

    豊後中村駅からバスで約50分

このサイトをシェアされたい方はこちら