• このページをシェア

ゆのつる湯ノ釣温泉

古代ロマンが残る天ヶ瀬の奥座敷

温泉愛好家なら一度は足を踏み入れているはずの大分県。日田市は最も南西にあり熊本県、福岡県と接している。周囲を山に囲まれた盆地であり、朝晩の気温差が激しい。 日田市の歴史は実に古く、古代豪族の旧跡が出土しているし、日田市の由来と見られる記述が『豊後国風土記』に残っているともいわれている。市内には国史跡・重要文化財が点在しており旧跡を巡る町歩きも楽しみ。温泉は市内に3つあるが、湯ノ釣温泉は閑静な場所に位置する小さな温泉地のため「天ヶ瀬の奥座敷」とも呼ばれている。 玖珠川のせせらぎに耳を澄ませながら、露天風呂にゆったりと身を沈めたい。

湯ノ釣温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、リウマチ、冷え性

泉温45~65℃無色透明。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

大分県日田市天瀬町赤岩

アクセス

  • でお越しの方

    天瀬高塚ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    天ケ瀬駅からバスで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら