• このページをシェア

ちくらかいがん千倉海岸温泉

料理の神様のお膝元で海の幸三昧

太平洋に面した千倉海岸でのサイクリングや海歩き、町中にはオシャレな雑貨店やカフェがポツポツあるので、散策してみるのも楽しい。全国で唯一、料理の神様をまつる「高家神社」での「庖丁式」は、古式に則った庖丁さばきが披露される。 アワビや伊勢エビなど、神様が与えてくれる新鮮な海の幸も楽しみの1つ。「潮風王国」には、海産物の店をはじめ飲食店も揃っているので、太平洋の味覚を頬張りに出かけたい。 町の南部には、早春の花たちが咲き誇る花畑。サーファーと共に紺碧の海からの朝日は絶景です。山の夕日、満天の夜空、大自然と豊富な食材で癒されます。

千倉海岸温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉、硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、疲労、皮膚病、美肌

房総半島の南東端に湧く温泉。源頼朝が負傷した愛馬の傷を治し、自らも湯に浸かったという伝説が残る古湯。塩化物泉や含硫黄などが湧く温泉施設を総称して「千倉温泉郷」と呼ぶ。「美肌の湯」が多くサーフィンや磯釣り、花摘みなどで太陽の下にさらした肌を優しく包み込んでくれる。果てしなく続く水平線を眺めながら、ゆっくり疲れを癒したい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

千葉県南房総市千倉町

アクセス

  • でお越しの方

    富浦ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    千倉駅から徒歩約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら