• このページをシェア

えいげんじおんせん永源寺温泉

永源寺の門前に湧く薬湯

鈴鹿山脈から琵琶湖岸まで、東西に広がる東近江市に永源寺はある。永源寺は臨済宗永源寺派の本山で、地区内から平成22年に国内最古級とされる約13000年前の土偶が発掘されて話題を呼んだ。 また、例年10月1日に行われる開山忌には、毎年多くの参拝客が訪れ、賑わいを見せる。その門前に位置するのが永源寺温泉だ。泉質は弱アルカリ性温泉だか、温泉に六種類の生薬を混ぜた薬湯が人気で、古来より湯治として利用されてきたとい う。 また古くから精進料理に利用されてきた「永源寺こんにゃく」は、滋賀県の伝統食品としても有名だ。こんにゃくやそばなど、永源寺らしい名産品に舌鼓を打つだけではなく、薬湯の効能を身体の芯からじっくりと噛みしめたい。

永源寺温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)、美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、冷え性、打撲、痔疾、美肌

pH値8.38、微弱黄色。微弱水素臭・微塩味で低刺激。子どもから高齢者まで入りやすいのが特徴だ。露天風呂からは愛知川の自然が一望できる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

滋賀県東近江市

アクセス

  • でお越しの方

    八日市ICから車で約12分

  • 電車でお越しの方

    近江八幡駅から宿の無料シャトルバスで約45分

このサイトをシェアされたい方はこちら