• このページをシェア

かいおおいずみ甲斐大泉温泉

森林に囲まれた高原リゾートに湧く温泉

八ヶ岳の南麓、白樺林に覆われた標高約1000mの高原に湧く温泉。玄関となるJR小海線「甲斐大泉駅」の標高は約1158mで、全JR駅中第3位の高さを誇る。とくに温泉街というようなものはなく、駅周辺に日帰り入浴施設と数軒のホテルが点在する、比較的新しい温泉地だ。周囲を白樺やカラマツ林に囲まれて爽やかな高原リゾートの雰囲気が漂い、自然豊かな環境を活かした別荘開発も進んでいる。 隣の「清里駅」は標高約1274mでJRの駅の中では2番目、山梨県で一番高所に位置する駅として知られ、日本有数の高原リゾート「清里高原」を擁する人気スポット。 近隣には滝や渓谷、牧場などが数多く存在し、夏には避暑目当ての観光客、冬は雪を求めるスキーヤーやスノーボーダーで賑わう。高原での森林浴、ドライブなど思い思いの楽しみ方でリゾート気分を満喫した後は、静かにゆっくり湯に浸かってリラックスしたい。

甲斐大泉温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、冷え性、痔疾など

平成14年に調査された、比較的新しい高原のいで湯。源泉温度は51.9℃の炭酸水素泉。淡褐色で口に含むと弱い塩味が広がり、金気臭も感じられる。湧出量は毎分約177Lと湯量豊富なのも特徴。また、炭酸水素泉に含まれる炭酸ガスには毛細血管を拡張させる作用があり、血液の循環を促進するため身体がよく温まる。「甲斐大泉駅」からすぐの日帰り入浴施設と、駅周辺のリゾートホテルなどで温泉を楽しめる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山梨県利根郡みなかみ町相俣

アクセス

  • でお越しの方

    長坂ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    甲斐大泉駅から徒歩約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら