• このページをシェア

しもべ下部温泉

かの石原裕次郎も湯治に訪れたという名湯

富士川支流の下部川沿いに広がる山あいの閑静な温泉地。「武田信玄の隠し湯」のひとつで、古くから骨折や切り傷に効く湯として知られてきた。数ある隠し湯の中でも、療養温泉として湯治客を迎え続けてきた名湯。 かつて撮影中にケガした俳優、石原裕次郎が1カ月湯治に訪れたこともあるとか。最近では3~4泊で湯治にやって来る常連の湯客が多く、現在は国民保健温泉地に指定されている。 ヤマメやホタルの里としても有名で、湧き出る鉱泉はその昔、薬として販売されていた名水。クセがなく、三ツ矢サイダーも当初は下部の水を使っていたという。

下部温泉の宿一覧(3件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 単純泉
効能 神経痛、疲労、冷え性、打撲など

約1200年前に開湯したと伝わる古湯。温泉の硬度が150程度と日本国内ではかなり高い鉱泉で、「日本名湯百選」にも選ばれた単純泉の名湯。温度が32℃と低いので、源泉と加温した上がり湯の2つの湯船に交互に入る独特の入浴法が生まれた。「川中島の戦い」で武田信玄が上杉謙信から受けた肩先の刀傷を癒したといわれ、「武田信玄の隠し湯」のひとつ。また、下部の天然鉱泉は飲み湯としても有名で、胃弱・便秘性・胃酸過多・胃炎等に効果があるといわれている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山梨県南巨摩郡身延町

アクセス

  • でお越しの方

    六郷ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    下部温泉駅から徒歩約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら