• このページをシェア

うつみおんせん内海温泉

愛知県内一の湯量を誇る温泉郷

伊勢湾と三河湾の間に突き出す知多半島の南端。中部地方の美しい白浜が弓状に約1㎞も続く「内海海水浴場千鳥ヶ浜」を中心に、数多くの海浜を目前に内海温泉は位置する。 メインの千鳥ヶ浜は「日本の渚百選」にも選ばれるほど水質が良く、海浜植物の群生がみられる渚ならではの自然も守られている。夏には大勢の海水浴客で賑わいを見せる。 このあたりは明治初期、潮湯治の場所として開かれた内海海水浴場がある場所としても知られている。近隣に存在する内海・山海・豊浜は「南知多温泉郷」と呼ばれ、国道247号線の海岸沿いに温泉宿が多数点在。伊勢湾の美しい海景色を一望できることも魅力のひとつで、特に夕陽が沈む時間は多くの観光客が絶景を楽しむ場所である。

内海温泉の宿一覧(4件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、ねんざ、婦人病、冷え性、皮膚病、打撲、痔疾

伊勢湾の海のミネラルを豊富に含んだ泉質。汗の蒸発を防ぐ効果があり、湯冷めしにくいことが特徴で、身体がいつまでも温かいと評判の湯。また殺菌効果があるといわれており、外傷の治癒にも利用される。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

愛知県南知多町大字内海

アクセス

  • でお越しの方

    南知多ICより約8分、師崎港より約20分

  • 電車でお越しの方

    内海駅からバスで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら