• このページをシェア

たまつくり玉造温泉

『出雲国風土記』『枕草子』にも登場する美肌・姫神の湯

松江市街地から車でおよそ約15分の場所に広がる温泉街。街の真ん中を流れる玉湯川沿いに、温泉旅館と土産店・飲食店が集まり温泉街を形成。 神社やお寺など散策スポットもあり、気軽に立ち寄れる足湯が3カ所ある。街歩きをしていると神話のオブジェが8体あり、その情景を思い描くこともできる。 玉造のシンボル“勾玉(まがたま)”をかたどった勾玉橋が川に架かり、春には一面に桜が咲き誇る。日が沈むと各宿に灯りがともされ、散策に出歩く浴衣姿の宿泊客も。温泉情緒が一気に高まっていく。散策後は美肌の湯に入浴。入浴後はゆっくりと山海の幸を楽しむ。

玉造温泉の宿一覧(6件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫酸塩泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、しびれ、疲労、ねんざ、婦人病、胃腸病、冷え性、高血圧

「ひとたび濯げば形容端正しく、再び浴すれば万の病悉くに除こる」(1度洗えば美しくなり、もう1度洗えば万病を治す)。約1300年前に「神の湯」として『出雲国風土記』に記載がある古湯。川辺に湧き出す湯に老若男女が集っていたとか。奈良時代初期に開湯され、神代の頃から湧いていたとの言い伝えが残る。平安時代には、京の都でも評判だと清少納言が『枕草子』の中で紹介。いにしえから続く名湯は、心静かに楽しみたい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

島根県松江市玉湯町玉造

アクセス

  • でお越しの方

    松江玉造ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    玉造温泉駅から徒歩約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら