• このページをシェア

ゆのつ温泉津温泉

世界遺産「石見銀山」に湧く開湯約1300年の古湯

伝統的建造物群保存地区にも指定されている。独特な赤瓦と黒瓦でデザインされた「石州瓦」を屋根に敷き詰めた家屋が立ち並ぶ町並みはどこか昔懐かしい雰囲気たっぷり。 また、温泉の湧き出す温泉津は「やきものの里」としても知られ、江戸時代から「温泉津焼」として伝わる。日本最大級といわれる登り窯があり、年に2回春と秋の「やきもの祭り」には火入れを行い、窯出し後、即売される。 周りには3軒の窯元がありそれぞれ個性のある作品を制作している。

温泉津温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 リウマチ、冷え性

1300年以上前に開湯したと伝わる古湯。薬効の高さには定評があり、広島や山口など県外からも人々が癒しを求めて集う島根県屈指の湯治湯だ。泉源は、傷を負った狸がその傷を癒したという伝説の残る「元湯」と、明治時代初期の大地震によって突然湧き出した「薬師湯」の2つ。泉温は約49℃と高く、湧出時は無色透明だが、空気に触れると淡い茶褐色に変化する。入浴だけでなく飲用としても利用され、味はやや渋いとか。なかなか取れない日頃の疲れも吹き飛ばしてくれる、効能あらたかな癒しの名湯だ。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

島根県大田市温泉津町温泉津

アクセス

  • でお越しの方

    大朝ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    温泉津駅からバスで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら