• このページをシェア

かみのやまかみのやま温泉

ゆかたで湯めぐりができる温泉城下町

温泉街の中心にそびえ建つ上山城。北側には武家屋敷の家並みが残る。温泉が湧くと語り継がれる「湯出坂」に、眺める月が美しい城へと続く「月待坂」。 袖が触れ合うほど幅の狭い「袖摺坂」など、9つの坂が入り組み城下町の面影を色濃く残す。街のあちこちに足湯が設けられ、共同浴場も6軒点在する。 沢庵和尚も滞在中に入浴したと伝わる最古の「下大湯」や、地元の方との交流も楽しい「あいさつ浴場」など温泉情緒が漂う。まち歩きをしながら、湯めぐりを楽しんで。

かみのやま温泉の宿一覧(6件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉、硫酸塩泉
効能 神経痛、関節痛、婦人病、冷え性、美肌

新湯、湯町、葉山など上山市内に湧く6つの温泉の総称。1458年、僧月秀が足の傷を癒す鶴を見て発見したと伝えられる古湯で、「鶴脛の湯」とも呼ばれる。東山、湯野浜温泉と並び「奥羽三楽郷」の1つ。山形市から車で30分前後の場所で、山形観光の拠点。夏の『やまがたワインバルinかみのやま温泉』や、秋の『全国かかし祭』の時季は、多くの人で賑わう。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山形県上山市

アクセス

  • でお越しの方

    山形上山ICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    かみのやま温泉駅から徒歩約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら