• このページをシェア

がまのゆおんせんがまの湯温泉

日本の小宿2016に選ばれた宿のある温泉地

山形県は米沢市に隣接する飯豊町。ブランド牛の米沢牛が知られているが、飯豊町の農家では体脂肪率の基準を超えたものを「米沢牛」、それ以下のものを「飯豊牛」と分類している。 なお「米沢牛」の8割はここ飯豊町で生産されているものだという。また飯豊町は「どぶろく特区」の認定を受けているため、どぶろくの製造・飲用が可能となっている。名峰飯豊連峰が連なり、その麓に田園風景が広がる。 そんな町内には4つの温泉があり、がまの湯温泉は明治25年に開湯した源泉100%の古湯だ。傷ついたガマガエルがお湯で傷を癒しているところから発見されたといわれている。のどかな山間の温泉でゆったりと湯に浸かり、米沢牛やどぶろくで贅沢なひとときを味わいたい。

がまの湯温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、冷え性、皮膚病、打撲、不妊症、便秘、美肌

日帰り温泉は10:00~20:30まで。子供からお年寄りまでみんなが楽しめる優しい泉質の温泉。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山形県西置賜郡飯豊町

アクセス

  • でお越しの方

    福島飯坂ICから車で約80分

  • 電車でお越しの方

    赤湯駅からタクシーで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら