• このページをシェア

ひじおり肘折温泉

湯治効果が期待される有効成分をたっぷりと含んだ湯

出羽三山のひとつに数えられる月山の麓から流れる銅山川沿いに、共同浴場や温泉宿が立ち並ぶ。温泉街一帯には、遥か昔に湯治場として栄えていた当時の様子を偲ばせるような、ひなびた雰囲気が漂う、趣きのある景観が魅 力。 長い年月を経て愛されてきた肘折の湯にまつわる名所も点在しており、名所を巡るのも楽しみのひとつ。例えば、肘折温泉を発見した老僧が住んでいたと伝えられている「縁結び地蔵倉」や、この地に歌を残した斎藤茂 吉の歌碑、源泉が噴出するドームがある源泉公園など。 さらには、温泉療養相談ができる入浴施設を設けた肘折温泉の観光情報センターや、大蔵村の食文化を新旧織り交ぜて紹介する施設もあり、初めて訪れる人にも優しい。

肘折温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、婦人病、胃腸病、冷え性、動脈硬化、皮膚病、糖尿病、美肌

約1200年前の平城天皇の時代に発見された後、第100代後小松天皇時代の明徳2年に温泉場として開業したといわれている古湯。縁起書には、「昔、源翁という老人が山中で道に迷っていると、後光きらめく老僧に出会った」というような一節が記載されている。この老僧が、折った肘をいで湯で治したと源翁に語り、世に湯の効能を伝えるよう言い渡したという。これが温泉名「肘折」の由来ともいわれ、骨折や傷、疲労回復などに優れた効能を発揮する。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山形県最上郡大蔵村

アクセス

  • でお越しの方

    舟形ICから車で約35分

  • 電車でお越しの方

    新庄駅からバスで約55分

このサイトをシェアされたい方はこちら