• このページをシェア

ごてんおんせん碁点温泉

山形県村山市の最上川を眺める源泉かけ流しの露天風呂・温泉プールのある多目的温泉保養館。豊富な湯量が自慢

山形県のほぼ真ん中に位置し、江戸時代には羽州街道の宿場として栄えた村山。市の中心部には最上川が流れ、松尾芭蕉が「奥の細道」に記した最上川三難所もここ村山にある。日本三大急流の一つである最上川のほとりに ある碁点温泉。 この温泉を利用して、昭和57年、全国でも最初の本格的クアハウスが誕生。運動、温泉、リラックスを目的に総合的な健康増進保養施設としてスタートした。泉質はナトリウム・カルシウム‐塩化物温泉で広範囲の効能を持ち、温まりやすく、冷めにくいと評判。 施設内には、最上川を眺められる露天風呂やSPAプール、岩盤浴などがあり、健康的に温泉を楽しめる。公的資格を持つ温泉利用指導者なども在中し、運動と温泉入浴についての指導も行ってくれる。

碁点温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、婦人病、冷え性、皮膚病、痔疾など

屋外には温泉を使ったプールもあり、一年通して利用できる。屋外スパプールの水温は通年で37℃前後で、屋内には水着着用で入るジャグジーやサウナも完備している。大浴場/最上川三難所をイメージした、最上川の雄大な景色を眺める露天風呂。岩盤浴/岩盤の力で体内の不純物を流し出し、代謝を上げて美容にも良い、リラックスタイムを楽しめる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山形県村山市

アクセス

  • でお越しの方

    東根ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    村山駅からタクシーで約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら