• このページをシェア

いそはら磯原温泉

詩人・野口雨情の情緒を育んだ海辺の湯

太平洋に面した磯原海岸に湧く温泉地。すぐ目前には二ッ島が浮かび、海岸の南の天妃山など景勝地としても知られ、長く緩やかな砂浜が続く海辺が郷愁を誘う。童謡『七つの子』『赤い靴』『しゃぼん玉』などの童謡や民謡で知られる詩人、野口雨情の出身地としても有名。 さらに少し北に行けば、明治の西洋化の奔流の中で日本の伝統美術を再評価し、近代日本美術の興隆に努めた岡倉天心が居を定めた五浦海岸。天心はここで読書や思索に耽り、海釣りに凝り、横山大観や菱田春草ら後進の指導にあたったという。 平潟・大津の漁港を近くにひかえ、湯上り後は毎日水揚げされる新鮮な魚介料理に舌鼓。特に冬の魚の王様アンコウ料理は絶品だ。

磯原温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、ねんざ、婦人病、冷え性、打撲、不妊症など

昭和6年、風光明媚な磯原の海岸に湧き出た温泉。代表的な泉質はpH8.5の弱アルカリイオン泉で、筋肉痛、関節リウマチ、慢性婦人病などに効果がある。メタケイ酸というお湯をまろやかにする成分を豊富に含み、入浴時の肌触りが良く、つややかな潤いを得られて美肌を作ると評判。体が良く温まり、長期滞在の湯治にも適している。地元出身の詩人・野口雨情も『磯原小唄』に「来れば来るほど温泉の」と詠み込み紹介。人々が温泉の湧出を喜び、町の名物の一つとして大切にしていることを物語っている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

茨城県北茨城市磯原町磯原

アクセス

  • でお越しの方

    北茨城ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    磯原駅から車で約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら