• このページをシェア

いつうら五浦温泉

断崖に湧き出す源泉と、きらめく太平洋の絶景

大津港の南東約5㎞、五浦海岸の岬の上から太平洋を見渡す温泉地。都心から車で約2時間とアクセス至便で、気軽に行ける温泉地として人気が高い。 目の前には太平洋の白波が打ち寄せ、松が思い思いに枝を伸ばす五浦海岸は日本有数の景勝地として有名。近代画の巨匠・横山大観も、好んでこの地をモデルに絵を描いたという。雄大に広がる海と老松・奇岩が織りなす絶景は、画伯の創作意欲を掻き立てたのもなるほどとうなずけるほど素晴らしい。 名物は、海辺の地ならではの捕れたて新鮮海の幸。絶景を眺めながら美味なる海鮮に舌鼓を打つひとときは、きっと忘れられない思い出になるだろう。

五浦温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、腰痛、関節痛、冷え性、皮膚病など

五浦海岸に面した断崖に湧き出す温泉。さらりとした肌触りながらも、浸かるほどにじんわりと身体に染み入る感覚がたまらない。源泉の温度は70℃以上と高温で、火傷、皮膚病、慢性消化器病などに効能を発揮。近代画伯・横山大観も愛した松林と白波を一望する海辺の景色は、関東の温泉地の中でも一、二を争う絶景。打ち寄せる白波を眺め、湯に身体を浸せば、自然が描く名画の美しさに思わずため息がこぼれる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

茨城県北茨城市大津町五浦

アクセス

  • でお越しの方

    北茨城ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    大津港駅からタクシーで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら