• このページをシェア

ひらがた平潟港温泉

ひなびた港風情漂う温泉地で味わう高温泉と海の幸

茨城県の最北端に位置し、常磐道「北茨城IC」から車で約15分。県内随一の天然の良港・平潟港を擁する港町の温泉である。波静かな湾内と、港に停泊する漁船がひなびた港町の情緒を漂わせ、温泉街にもほのかな磯の香りが漂う。 新鮮な魚介の水揚げで全国的に名を馳せる平潟港の特産は、6月から夏場にかけて旬を迎えるウニ、冬に沖合底引き網漁で捕獲されるアンコウ。他にもアワビやヒラメ、タイなど、活きのいい海の幸の数々が日々港をにぎわせている。 その日に水揚げされたばかりの新鮮魚介を使った磯料理のおいしさは特筆もの!キラキラと輝く海を眺め、湯上りにピチピチとした旬の味を堪能すれば、最高の極楽気分を実感できるはず。 これぞ港の温泉の醍醐味と言えよう。

平潟港温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(乳白色)
泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、婦人病、冷え性、動脈硬化、痔疾など

その昔は、漁を終えた地元の漁師達が冷えた体を温める為に、郷土風呂として利用されていた。地下約800mから湧き出す源泉は、毎分約323Lと湯量豊富。また、お湯の温度は63.4℃と茨城県内では珍しい高温泉。泉質は、海辺の温泉に多くみられるナトリウム塩化物泉で、無色透明であるがわずかに塩辛い。昔ながらの港町といった風情の温泉街には多くの旅館が建ち並び、アンコウ料理をはじめとする自慢の磯料理と温泉で観光客をもてなしてくれる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

茨城県北茨城市平潟町

アクセス

  • でお越しの方

    北茨城ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    大津港駅から車で約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら