• このページをシェア

みやはま宮浜温泉

瀬戸内の美味を肴に安芸の美酒に酔いしれる

干潮の時にだけ、その全景を現す海中の大鳥居で有名な日本三景の一つ、安芸の宮島。その宮島の対岸、海を見下ろす小高い丘に静かに佇むのが宮浜温泉だ。国道2号線沿いに位置し、宮島だけでなく広島や岩国といった山陽観光の拠点としても便利。 温泉地を基点に、妹背(いもせ)の滝や経小屋山(きょうごやさん)といった散策も楽しめる。一方で、穏やかな波間一面に浮かぶ「牡蠣(カキ)いかだ」が名物の“大野の瀬戸”。 のどかな瀬戸内の情景を眺める宮浜は、カキのほかにも大野アサリやナマコ、小魚など瀬戸内の幸が豊富に揃う。旬の美味を肴に、日本三大酒蔵・安芸西条の美酒に酔いしれる。これまさに、至福のひととき。

宮浜温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 ラジウム泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、婦人病、痔疾など

日本三景、宮島を望む浜に湧く温泉ということで「宮浜温泉」と名付けられた風光明媚な温泉地。歴史は比較的浅く、昭和39年に開湯。現在の源泉は平成7年に掘削された。湧出量は毎分230Lほどで、ほぼ透明な無味無臭のお湯はラドンを豊富に含み神経痛に効くといわれる。高台に広がる閑静な温泉地は、瀬戸内の穏やかな情景や美味が自慢。ゆっくり流れる時間に包まれれば、日頃の疲れが徐々に癒されてゆく。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

広島県廿日市市宮浜温泉

アクセス

  • でお越しの方

    大野ICから車で約7分

  • 電車でお越しの方

    大野浦駅から徒歩約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら