• このページをシェア

きのえおんせんきのえ温泉

美しい瀬戸内海の景色を眺望できる温泉

本州は竹原港より大崎フェリーで約30分、そこから車で15分ほど。安芸津港より安芸津フェリーで約30分、そこから車で17分ほど。「きのえ温泉」は、瀬戸内海の中央に浮かぶ大崎上島の「きのえ温泉ホテル清風館 」にある温泉。 大崎上島は西側に位置する大島下島とともに全国屈指の「温州みかん」の産地としても知られ、瀬戸内に浮かぶ島の中でも多くの観光客が訪れる。本州と島をフェリーや高速船が行き交い、アクセスはとても 便利。 フェリーで結ばれた竹原は江戸時代、製塩や酒造業で栄えた町人文化が発達し、今もその町並みは往時の趣きを残したままである。美しい瀬戸内海の景色を見下ろせる露天風呂での湯浴みは、日頃の疲れを癒すだけでなく、温泉情緒をさらに高めてくれる。

きのえ温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、関節痛、冷え性、高血圧

しまなみ海道の西、瀬戸内海のほぼ中央にある大崎上島に湧く温泉。「きのえ温泉ホテル清風館」の宿内で、その泉質は塩分濃度が高く、神経痛、痛風、関節痛など、効能は多岐にわたる。露天風呂からは、瀬戸内海に浮かぶ島々と真っ青な海が織りなす美しい景色が鑑賞でき、海と空の間に挟まれたような錯覚を起こすほど、開放感があふれている。温泉で日頃の疲れを癒した後は、宿自慢の旬な魚介を使った料理をたっぷりと堪能したい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

広島県豊田郡大崎上島町

アクセス

  • でお越しの方

    竹原港からフェリーで約30分。白水港または垂水港から、車で約15分

  • 電車でお越しの方

    呉線竹原駅から、フェリー乗船、白水港または垂水港で下船、宿より送迎あり※要予約

このサイトをシェアされたい方はこちら