赤湯温泉(あかゆおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

夕鶴の里資料館・語り部の館のイメージ画像  

夕鶴の里資料館・語り部の館

鶴の恩返しと養蚕・製糸の館

民話『鶴の恩返し』の伝わる里で知られ、明治時代には製糸の町として栄えた南陽市にある養蚕・製糸の資料館。養蚕で使われていた3階建ての「まゆ蔵」を利用し、養蚕・製糸と木下順二の戯曲『夕鶴』に関する資料を展示している。電話で予約すれば民話口演も聞くことも可能。

 
  • 住所:南陽市漆山2025-2
  • TEL:0238-47-5800
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人310円、小中学生100円

鶴布山珍蔵寺のイメージ画像  

鶴布山珍蔵寺

『鶴の恩返し』の古刹

民話『鶴の恩返し』の鶴女房の夫が禁を破ったことを悔いて仏門に帰依したのが開基と伝えられる古刹。伊達政宗が米沢城主だった時代には、すでに名刹として知られていた。山門と庭園の境内には禅寺らしい落ち着きが見られ、梵鐘には鶴の恩返しの説話が浮き彫りにされている。

 
  • 住所:南陽市漆山1747-1
  • TEL:0238-47-2264
  • 駐車場:なし
  • 入場料:無料

双松バラ園のイメージ画像  

双松バラ園

景勝と香りのバラ園

米沢盆地を一望し、吾妻連峰まで見渡せる景勝地「双松公園」の中の丘陵にあるバラ園。約340種、およそ6,000本のバラが咲き、盆地から吹き上がる気流とともにバラの香りが立ち上り、園内一杯に香りが漂う。

 
  • 住所:南陽市宮内
  • TEL:0238-40-2002
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人300円、子供100円

くぐり滝のイメージ画像  

くぐり滝

巨岩をくりぬいて流れ落ちる自然の造形美

南陽市の北、吉野川の上流にある三角形の巨岩の真ん中にぽっかり開いた穴から、幅およそ4メートル、落差約20メートルで流れ落ちる滝。水バショウや天然ブナ林が生い茂り、野鳥のさえずりも聴こえる自然豊かな環境にあり、周辺を散策してみるのもおすすめ。

 
  • 住所:南陽市小滝
  • TEL:0238-40-2002
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

烏帽子山公園のイメージ画像  

烏帽子山公園

桜名所100選に選ばれた烏帽子山千本桜

シダレザクラやソメイヨシノなど約1,000本が咲き乱れる桜の名所。眼下に置賜盆地、向こうに吾妻連峰・飯豊連峰・朝日連峰を望む高台にある公園で、初夏のアジサイ、秋の紅葉も美しい。赤湯温泉街から徒歩圏内。

 
  • 住所:南陽市赤湯
  • TEL:0238-40-2002
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。