• このページをシェア

けせんぬまおんせん気仙沼温泉

三陸海岸随一の浮遊浴ができる温泉

東北自動車道一関ICより車で約75分、JR気仙沼線気仙沼駅よりタクシーで約8分、陸中海岸国立公園の南の玄関口に位置する「気仙沼温泉」は、三陸海岸特有のリアス式海岸高台に湧く。 気仙沼湾の美しい日の出やコバルトブルーの海辺を照らす夕陽の絶景を一望できる絶好のロケーションで一見の価値があると評判。船で25分ほど行った、気仙沼湾に浮かぶ「気仙沼大島」では、四季折々に変化する景色のなかで、海水浴や船 釣りなど、レジャーを思い切り満喫できる。 自然とたっぷり触れ合った後は、眺めの良い天然温泉で旅の疲れを癒そう。気仙沼湾を見下ろし、海の道の向こうに大島を眺めながら、ゆったりと湯船に身を浸す。港まちの朝夕の営みに、どこか懐かしさを感じながら至福の時を過ごしたい。

気仙沼温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、婦人病、冷え性、皮膚病など

「気仙沼温泉」は深さ1800mから湧き出すイオン濃度の高い深層天然温泉。泉質は、三陸海岸随一の高濃度の塩化物泉で、浴槽で身体がぷかぷか軽くなるのを体感できる浮遊浴ができる。関節痛、筋肉痛、神経痛、疲労回復と効能も多く、浮遊浴は体内浄化、心身のリラックス効果も高いので、一度は入ってみたい温泉と評判も良い。日頃の喧騒を離れ、気仙沼湾の美しい景色を眺望しながらの湯浴みの後、市場直送の海の幸を思い切り堪能したい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

宮城県気仙沼市

アクセス

  • でお越しの方

    一関ICから車で約75分または東和ICから車で約80分、釜石ICから車で約90分

  • 電車でお越しの方

    気仙沼駅から車で約8分

このサイトをシェアされたい方はこちら