• このページをシェア

はまなすおんせんはまなす温泉

地下約1300m、太古の湯に心も潤う

能登半島の西側の付け根に位置する羽咋市。古くは能登国羽咋郡であり、日本海側には創建2000年を超える気多大社が鎮座しているほか、祭祀遺跡や前方後円墳など太古の歴史をうかがわせる古跡が数多く残っている。 はまなす温泉は、千里浜と呼ばれる美しい砂浜から徒歩圏内に位置する温泉地で、中生代の地層、地下約1300mから汲み上げる自家源泉だ。肌全体が包まれるように濃厚な地底からの恵みを感じる。 その太古の湯は、炭酸水素塩泉と塩化物泉のふたつの泉質を持ち、「美肌の湯」として女性に人気。こんこんと湧き出る温泉を楽しんだ後は、名物のどぐろをはじめとした能登の幸・厳選した食材や新鮮な海の幸を使用した料理に舌鼓を打てば、自然と笑みがこぼれてしまう。

はまなす温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、しびれ、疲労、ねんざ、婦人病、胃腸病、冷え性、皮膚病、打撲、痔疾、美肌

泉温45.9℃、pH7.7、自家源泉。炭酸水素塩泉と塩化物泉のふたつの泉質を持つ。琥珀色でトロトロした肌触りだが刺激は少ない。メタケイ酸は基準値の3倍以上含有で高い美肌効果が期待できる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

石川県羽咋市

アクセス

  • でお越しの方

    千里浜ICから車で約3分

  • 電車でお越しの方

    羽咋駅から徒歩約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら