• このページをシェア

あわづ粟津温泉

約1300年の歴史を誇る北陸最古の名湯

東には日本三大霊山のひとつである白山、西には日本海が広がる小松市南部の丘陵地に位置する温泉地。4つの温泉地からなる「加賀温泉郷」の中で、開湯約1300年という一番古い歴史を持つ。 門前にそびえたつ「黄金杉」は、粟津の湯をこよなく愛した名君・前田利常が古刹那谷寺へ参拝の際に植えたものと伝えられ、温泉街のシンボルとして今日も町を見守り続けている。 また、『田舎教師』などで知られる田山花袋は、全国の温泉を歩いた著書『温泉めぐり』の中で「粟津温泉は一番静かで居心地がよかった」と紹介。花袋が愛した温泉情緒あふれる古風なたたずまいが、今も訪れた人々を優しく包み込んでいる。

粟津温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、高血圧、動脈硬化、痔疾

養老2年(718年)、奈良時代の高僧・泰澄(たいちょう)大師によって開かれたと伝えられる北陸最古の名湯。美肌つくりに良いとされる芒硝泉は、無色透明で純度100%。新鮮な湯は飲用することもでき、口に含むとほのかな塩の香りと酸味を感じる。また、共同浴場の「総湯」を中心に各旅館が源泉を所有。宿によって泉質と泉温が微妙に異なるため、湯くらべを楽しむのもよい。ギネスブックにも認定された、創業約1300年の世界最古の宿「法師」があることでも有名。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

石川県小松市粟津温泉

アクセス

  • でお越しの方

    加賀ICから車で約25分

  • 電車でお越しの方

    粟津駅から車で約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら