• このページをシェア

かがおんせんきょう やまなか加賀温泉郷 山中温泉

湯上がりは鶴仙渓とギャラリー散策へ

うっそうと生い茂る緑の中に、静かに歴史の重みを主張する「こおろぎ橋」。総ひのき造りの山中温泉のシンボルは、訪れる者を魅了し続けてきた。ここから、奇岩怪石や趣き深い橋を遊歩道で巡る「鶴仙渓」がスタート。 細長く奇岩が連なる「采石巌」にS字型のユニークな「あやとりはし」。そして、松尾芭蕉が愛した大正ロマン漂う「黒谷橋」。芭蕉は「奥の細道」の旅の途中、9日間当地に逗留。「山中や 菊は手折らじ 湯の匂い」と詠み、有馬、草津と並ぶ「扶桑(=日本)三名湯」と称えた。 そして山中温泉のもう1つの名物が、温泉街に点在する伝統工芸。ギャラリー店が立ち並び、散策をお楽しみいただけます。

加賀温泉郷 山中温泉の宿一覧(7件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫酸塩泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節痛、疲労、胃腸病、皮膚病など

開湯1300年の歴史を誇る「加賀4温泉」のひとつ。僧行基が薬師如来のお告げにより発見したのが始まりといわれ、湯元は共同浴場総湯(現「菊の湯」)。文治年間に再興され、以後多くの文人墨客にも愛された。湯量は豊富で、さらりとした肌ざわりが特徴。共同浴場総湯で、北前船の船頭と宿屋の娘“ゆかたべー”とのやりとりで唄われたのが、かの「山中節」とか。総湯の総御影造りの湯殿に浸かっていると、思わず節を口ずさんでしまう。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

石川県加賀市山中温泉

アクセス

  • でお越しの方

    加賀ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    加賀温泉駅からバスで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら