• このページをシェア

あまくされいほくまちりんせんのゆ天草苓北町麟泉の湯

天草の青い海を望みながら温泉三昧

熊本県西部、天草諸島の北西部に位置する苓北町。西は天草灘をのぞみ、北は千々石灘に面した美しい海に囲まれた町である。苓北町の特徴である細長く突き出た富岡半島は陸繋島として知られている。 美しい砂丘は天然の良港を形成しており、昭和31年には雲仙天草国立公園の指定を受けている。半島から伸びた砂嘴の巴崎は小天橋とも呼ばれ、熊本県指定の天然記念物ハマジンチョウが群生している。また苓北町は陶芸で有名な町でもある 。 年に2回、春と秋には、陶芸通が全国から訪れる「天草西海岸窯元めぐり」が開催される。目当ての窯元を訪ね歩いて温泉に浸かるのも楽しいだろう。また名産としての海産物も豊富で、お土産にぴったりのものが見つかるはずだ。

天草苓北町麟泉の湯の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、痔疾など

とろみのある感触の湯で保温効果が高い。 

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

熊本県天草郡苓北町

アクセス

  • でお越しの方

    松橋ICから車で約150分

  • 電車でお越しの方

このサイトをシェアされたい方はこちら