"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

ようこそ ゲストさん

電話予約

おすすめの特集

すべての特集へ

イチオシ温泉ストーリー

ゆこゆこネットのサービス

"気軽に、お得に。平日、何度もお出かけ"。それが私たちの願いです。

お得な宿泊プランを多数ご紹介

温泉料理も楽しめる、一泊2食付きで1万円前後のお得な宿泊プランを多数ご紹介しています。更にゆこゆこネット会員になれば、お得な宿泊割引クーポンが届きます。

見やすく詳しい宿・温泉情報

宿・温泉地の特長などゆこゆこにしか載っていない情報を分かりやすくご紹介。2018年にGoogleで実施されたサイト調査では、商品ページの「見やすさ」において最優秀の評価をいただきました。

あなたの代わりに空室を探します

ネット上に空室がない日程でも、ゆこゆこ予約センターのオペレーターより宿に空きがないか確認します。直前のご予約でもお気軽にお電話ください。

旅慣れた人のクチコミが豊富

ゆこゆこ利用ユーザーには平日何度も旅行をしている方が多数いらっしゃいます。旅好き・旅慣れた人のクチコミは予約前に一見の価値ありです。

ゆこゆことは

お知らせ

お知らせ一覧

温泉旅行のよくあるご質問

ゆこゆこ社員の半数以上は「温泉ソムリエ」資格保有者!そんな旅のプロが、温泉旅行のよくあるご質問にお答えします。

  • 1位「草津温泉(群馬県)【天下の名湯】として名高く、壮大なスケールの湯畑を中心とした温泉街は一度は訪れてみたい。

    2位「万座温泉(群馬県)硫黄泉独特のカラフルなお湯の色や、四季折々の自然の風景が楽しめるのが魅力。

    3位「渋温泉(長野県)レトロな雰囲気の温泉街が特徴で、温泉に浸かる猿で有名な【地獄谷野猿公苑】などが近くにあり観光地としても楽しめる。

  • 1位「草津温泉(群馬県)観光スポットが多数あり、食べ歩き・土産物屋・湯もみと踊りショー・射的なども楽しめ、エンターテイメント性が高い。

    2位「箱根湯本温泉(神奈川県)首都圏からのアクセスの良さと、美術館や芦ノ湖の遊覧船など見所ある観光コンテンツが多数あり話題に事欠かない。(同率2位)「城崎温泉(兵庫県)」は町並みに風情がありムード満点。外湯やお店が歩いて回れるほど密集しているため浴衣を着たまま楽しめる。

    3位「熱海温泉(静岡県)は街全体がおしゃれに生まれ変わり、話題の店も多い。

  • 1位「鉄輪温泉(別府温泉郷)(大分県)町中のあちこちから湯煙が立ち上る温泉地。【貸間】と呼ばれる自炊・湯治宿も多く、連泊して湯巡り・湯治するのもおすすめ。

    2位「酸ヶ湯温泉(青森県)300年の歴史があり【国民保養温泉地第1号】としても知られる。【ヒバ千人風呂】は圧巻の広さで160畳もあり混浴の大浴場としても有名。

    3位「玉川温泉(秋田県)非常に強い効能を持つ泉質の温泉として有名。ゆっくりと一人で湯治に勤しみたい方にもおすすめ。(同率3位)「四万温泉(群馬県)」は小規模な旅館が多い。スタジオジブリ作品のモデルにもなったといわれる宿もあり、ノスタルジックでフォトジェニックな街並みが楽しめ、女性にもおすすめ。

  • 1位「別府温泉郷(大分県)源泉数、湧出量ともに日本一の温泉地。別府地獄めぐりや地獄蒸しなど、浸かるだけではなく五感で温泉を楽しめるため一度では味わい尽くせない魅力がある。(同率1位)「乳頭温泉郷(秋田県)」まさに【秘湯】そのものと言える、日本の原風景と非日常感、それぞれに違った特徴をもつ7つの温泉の湯めぐりが楽しめる。

    2位「銀山温泉(山形県)ガス灯が立ち並ぶ夜の街並みは大正ロマンの風情がたっぷりで、一度は見てみたい美しさ。建物自体が芸術品といえる宿も多くドラマの舞台になったことでも有名。

    3位「登別温泉(北海道)9種類の泉質が毎分3000リットル湧出する北海道を代表する温泉地で【温泉のデパート】とも呼ばれる。壮大なスケールの登別地獄谷の迫力ある源泉の風景も必見。

  • 1位「硫黄泉最も【温泉らしい温泉】の泉質といわれており、独特の硫黄の匂いや、乳白色やエメラルドグリーンなどの濁り湯が特徴的。

    2位「炭酸水素塩泉しゅわしゅわとした湯触りの珍しい泉質で、肌の不要な角質を落とす美肌効果があるといわれる。毛穴から炭酸ガスが吸収されるため温浴効果も高い。

    3位「単純温泉成分が比較的薄めのため、湯あたりなどをしにくく何回も入れる身体に優しい温泉として知られる。

  • 1位「手ぬぐい・タオル」日帰り入浴では売っていない施設もあるため必須。特に手ぬぐいはかさ張らず、乾きやすい点で評価が高い。

    2位「スキンケア用品」刺激の強い温泉に入った後のケアのためにも、自分肌に合ったものを持参するのが安心。

    3位「靴下」女性の場合、タイツやストッキングを履いていると足湯などを気軽に楽しめないため、靴下でのお出かけがおすすめ。濡れてしまった時のために替えもあると安心。そのまま下駄を履ける【足袋型靴下】も人気。

  • 2019年にゆこゆこネットで予約があった宿泊の予算平均は「11480円/名」 でした。移動手段や観光コースによって温泉旅行の予算は変わってきますが、一泊2食付き6,980円の格安宿や、プレミアムなおもてなしの宿まで幅広い宿をご用意しております。旅行の目的に合った宿を選ぶのも楽しみの一つです。

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

  • ゆこゆこ予約センター 050-3851-0165 050-3851-2799

    ※8:50~21:00受付(年末年始以外)

    ※8:50~21:00受付(年末年始以外)

このページをシェアする