• このページをシェア

いかほ伊香保温泉

名湯と温泉情緒あふれる街並みに思わず“好い顔”

榛名山の東麓、標高約700mの地に広がる湯の町。万葉集や古今集などにも登場する歴史ある温泉地だ。400年以上前には温泉街が形成されたといわれ、『不如帰』の徳富蘆花や伊香保を世界的に広めたベルツ博士、竹久夢二など多くの著名人も迎えてきた。 街のシンボルでもある長さ約300m、約360段続く石段。あちこちに立つ「湯の花まんじゅう」の看板や、立ち並ぶ土産物屋に思わず足が止まる。「イカホ」の語源は「イイカオ=好い顔」だという説もあるとか。 代表的な茶褐色のまろやかなお湯に寛ぎ、温泉情緒たっぷりの石段を散策すれば“イイカオ”になってしまうのも納得。

伊香保温泉の宿一覧(22件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 単純泉、硫酸塩泉
効能 疲労、冷え性、高血圧、動脈硬化、皮膚病など

榛名山二ツ岳の火山活動により湧出し、今から約1900年前に発見されたといわれる古湯。茶褐色の硫酸塩泉は、昔から「子宝の湯」として知られる“黄金の湯”。一方、透明のメタケイ酸泉は“白銀の湯”。飲泉所も設置されており、弱酸性・低張性の温泉は通風や慢性アレルギー性疾患に効くといわれる。ただし、鉄分を多く含んだお湯はまさに「良薬口に苦し」。覚悟はしておいた方がよいかも。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県渋川市伊香保町

アクセス

  • でお越しの方

    渋川伊香保ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    渋川駅からバスで約25分

このサイトをシェアされたい方はこちら