• このページをシェア

なんきしらはまおんせん南紀白浜温泉

約1300年の歴史を今に伝える「日本三大古湯」

湯崎半島の海岸に湧く7つの温泉を総称して「南紀白浜温泉」と呼ぶ。1300年以上の歴史を持つ日本でも有数の古湯だ。大阪から約2時間と交通の便もよく、大規模レジャー施設が次々とオープン。 エメラルドグリーンの海と別名「シュガービーチ」の砂浜が続く「白良浜海水浴場」周辺には、大小さまざまの宿が立ち並ぶ。一方で、古き良き時代の面影を今も残す。 “湯崎七湯”のうち唯一現存する共同浴場「崎の湯」(天然露天風呂)は日本最古の風呂とか。他にも、歴史ある「牟婁の湯」や塩分濃度の高いお湯が湧く「松の湯」など、昔ながらの庶民的な雰囲気を残す共同浴場が健在。歴史ある白浜の湯をじっくり味わうのもよい。

南紀白浜温泉の宿一覧(14件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫黄泉
効能 神経痛、婦人病、冷え性、皮膚病、糖尿病など

『日本書紀』や『万葉集』にも登場する「日本三大古湯」の1つ。現在も多くの源泉を持ち、豊富な湯量を誇る。源泉により泉質も様々で、宿の多くが自家源泉を有するという。6つの共同浴場を巡る「外湯めぐり」や宿の温泉に入れる「湯めぐり」で、自慢のお湯を欲張ってみるのもよい。「ふる国の磯のいで湯にたづさはり 夏の日の海に落ちゆくを見つ」。斎藤茂吉が見た夕日を、古湯に浸かりながら眺めてみる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

和歌山県西牟婁郡白浜町

アクセス

  • でお越しの方

    道南紀白浜ICから約10分

  • 電車でお越しの方

    白浜駅からバスで約15分

このサイトをシェアされたい方はこちら