• このページをシェア

げろ下呂温泉

日本三名泉のひとつ、美人の湯「下呂温泉」

1000年以上の歴史をもつ下呂温泉。傷ついた一羽の白鷺が温泉のありかを知らせたという伝説があり、室町時代には高僧万里集九が、江戸時代には儒学者林羅山が有馬・草津にならぶ「天下の三名泉」と紹介した。 昭和49年に温泉資源の保護、安定供給のため温泉の集中管理を行い、加温や加水せず、温泉を旅館などに供給している。源泉温度は最高84℃、共有温度は55℃。またツルツルスベスベした肌触りから別名「美人の湯」とも呼ばれている。 旅館ホテル保養所など約70軒の宿泊施設がある。

下呂温泉の宿一覧(19件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、ねんざ、胃腸病、冷え性、打撲、痔疾

下呂温泉は、無色透明でほんのりとした湯の香りがあり、なめらかな肌触りの温泉。入浴すると身体が大変温まり血行が良くなるので、疲労回復や健康増進に効果があるため「健康の湯」といわれている。またpH値9以上というアルカリ性特有の石鹸効果により、ツルツルした肌ざわりといわれ「美人の湯」とも呼ばれている。この泉質は運動欲にも適している。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

岐阜県下呂市

アクセス

  • でお越しの方

    富加関ICから車で約70分

  • 電車でお越しの方

    下呂駅から徒歩約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら