"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

ようこそ ゲストさん

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

電話予約

リュウジン

和歌山県

龍神温泉の基本情報

 

4.5(全23件)

  • 秘境の地に湧く歴史ある“日本三美人の湯”

    秘境の地に湧く歴史ある“日本三美人の湯”

  • 【季節の手作り懐石/例】◆豚肉と野菜の陶板焼◆川魚塩焼◆生芋こんにゃく田楽 等全約12品

    【季節の手作り懐石/例】◆豚肉と野菜の陶板焼◆川魚塩焼◆生芋こんにゃく田楽 等全約12品

  • *【大浴場(女湯)】体の芯から温まる良質な温泉です。

    *【大浴場(女湯)】体の芯から温まる良質な温泉です。

秘境の地に湧く歴史ある“日本三美人の湯”

紀伊半島の真ん中、高野山連峰に源を発し御坊へと注ぐ日高川。その上流、高野龍神国定公園の自然豊かな渓谷沿いに15軒の宿が点在する。若葉や桜が奥山に遅い春の訪れを告げ、ホタルの光が夏の始まりを演出。 秋の真っ赤に燃える紅葉に冬の象徴・樹氷と、日本の四季の美しさが自然そのままに広がる。約1300年の歴史を誇り、江戸時代には徳川御三家・紀州藩主にも愛された。 藩主の別荘として造られた「上御殿」、家臣の宿泊所となった「下御殿」は温泉街のシンボル。歴代の藩主によって保護され、今なお格式高く受け継がれている。大自然と歴史、そして「日本三美人の湯」として名高い名湯が、山深い秘境で静かに出迎えてくれる。

龍神温泉のクチコミ

総合満足度

4.5

(全23件)

温泉地の雰囲気・利便性(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。

温泉・お湯の特徴(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。
投稿者:
50代女性
訪問回数:
初めて
訪問・滞在の種別:
宿泊
同行者・目的:
夫婦・カップル旅行

有軒屋旅館。貸し切りの小さめの檜の内風呂2つと露天風呂が有ります。(工事中の為露天風呂には入れませんでした)。まず扉を開けたら良い香りがします。窓から見える景色も綺麗です。お湯がとろとろで肌が滑りす。お湯がなめらかで肌あたりが良く檜が更にお湯を柔らかくしてます。貸し切りなので自由!冷まして浸かって芯まで温まり。お風呂上がりのじんわり汗が気持ちが良いです。お肌はツルツルでほうれい線が薄くなった感じがします。関節の痛み虫刺されが緩和されます。流石!三大美人の湯です。☆ナトリウム炭酸水素塩泉。☆弱アルカリ性低張性高温泉

評価ポイント

  • とろとろ湯
  • 温泉街を散策できる
  • 静かな・落ち着いている
  • 秘湯感がある
  • 近くに観光地がある
  • 近くにお店が充実

龍神温泉の特徴

飛鳥時代末期の8世紀初め、役の行者・小角(おづぬ)によって発見されたと伝わる古湯。後に弘法大師が龍王の夢のお告げによって開湯したことから「龍神温泉」と名付けられたとか。豊富なラジウムを含み、皮膚をきれいにする湯として名高い名湯は、川中温泉(群馬県)、湯の川温泉(島根県)とともに「日本三美人の湯」に数えられる。深山のいで湯を心静かに堪能した後は、森が育む名水で造られた地酒で一杯も、また格別。

泉質
炭酸水素塩泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、皮膚病など

龍神温泉の住所・アクセス

和歌山県田辺市
車でお越しの方
有田ICから約60分
電車でお越しの方
紀伊田辺駅からバスで約90分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

ゆこゆこナビゲーターへ
お気軽にご相談ください。

ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
    ※一般の固定電話から1分11円、携帯電話から
    20秒11円 の通話料金がかかります。(税込)
    ※ 一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
    050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

このページをシェアする