• このページをシェア

とうごう東郷温泉

美しく幻想的な湖の底から湧き出る温泉

鳥取県一の広さを誇る東郷湖の東南岸、JR山陰本線「松崎駅」周辺に宿が点在する温泉地。駅前には「湯の華慈母観音像」が建ち、家門繁昌、夫婦円満、子宝、安産などのご利益があると伝えられ、夫婦や家族連れの人たちが訪れては願いをかける。 また、温泉街の近くには、鳥取県と中国河北省との友好の象徴として建設された中国庭園 「燕趙園(えんちょうえん)」があり、観光スポットとして大人気。全設計、施工は中国本土、造り手も中国人の手によるもので、中国の歴代皇帝が夢見た「理想郷」を再現したものとか。 ほかにも、恋の願いを叶えるといわれるコイの像が建ち足湯も楽しめる東郷湖畔公園など、観光名所が充実している。そして、なんといっても一番の見どころは、オレンジ色の夕日に染まる東郷湖。美しく情感あふれる夕景は、観る者の心を捉えて離さない。この地の魅力を余すことなく感じとったならば、心の奥底に感動の記憶が刻まれる旅となるに違いない。

東郷温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、婦人病、動脈硬化、痔疾など

温泉の発見は明治5年(1872年)頃、東郷湖の湖底から自然湧出している湯を、湖底に住むコイが教えたという伝説が残る温泉。湯温80℃以上と高温の源泉が湖底から湧き出し、霧となって湖面を覆う景色は幻想的な美しさを魅せ、旅情をかきたてる。発見当初は、その湯を湖畔の掘削工事に利用。後に温浴用の湯として引湯され、南東岸の湖畔を中心に温泉街が造られた。湯は無色透明で無臭、肌触りがやわらかく美人の湯としても評判。また、リウマチや神経痛の諸症状を緩和する効能にも優れている。湯上がり後も全身を包み込むような温かさが続き、心

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

鳥取県湯梨浜町松崎

アクセス

  • でお越しの方

    東郷ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    松崎駅からすぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら