• このページをシェア

みささ三朝温泉

古き良き温泉で世界有数のラドン泉を満喫

日本遺産第1号に認定された温泉地。温泉情緒漂う三朝橋を中心に、昭和レトロな街並みが続く。 標高約90mの断崖絶壁に建つ修験道「三徳山投入堂」約850年前、源義朝の家臣・大久保左馬之祐が三徳山に参詣中に老白狼を救ったところ、妙見菩薩が現れ湯の在りかを教えたのが始まりとか。 青御影石で造られた純和風の三朝橋のたもとには、町のシンボル「河原風呂」(無料、混浴露天)に世界有数のラドン泉が湧き出る。初夏になれば、蛍の光と“かじか蛙”の美しい鳴き声が三朝川付近で楽しめる。

三朝温泉の宿一覧(12件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉、塩化物泉、ラジウム泉
効能 神経痛、リウマチ、胃腸病、動脈硬化、皮膚病、糖尿病、喘息など

三朝の湯は、高濃度のラドンを含む世界屈指の放射能泉です。ラドンとは、ラジウムが分解されて生じる弱い放射線のこと。体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力が高まります。これが自慢の『ホルミシス効果』です。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

鳥取県東伯郡三朝町

アクセス

  • でお越しの方

    院庄ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    倉吉駅からバスで約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら