"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

ようこそ ゲストさん

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

電話予約

セキガネ

鳥取県

関金温泉の基本情報

  • 日本国内第2位のラドン放射能を有する温泉地

    日本国内第2位のラドン放射能を有する温泉地

日本国内第2位のラドン放射能を有する温泉地

鳥取県倉吉市にある温泉。温泉街には 旅館・日帰り入浴施設・共同浴場「関の湯」がある。関金温泉には、湯の美しさから「銀の湯」「しろがねの湯」とも呼ばれていた。放射線が測定されるより以前の時代には「淡黄色の無臭の炭酸泉」とされていた。開湯1300年を誇り「日本の名湯100選」にも選ばれた歴史ある温泉。周辺にある「つつじの名所 亀井公園」は4月中頃に約6万本のミツバツツジで赤紫色に染まり、頂上の展望台からは関金町内、蒜山、大山が一望できる。また「関金つつじ温泉まつり」は温泉街をメインに踊りのパレード等が行われる。倉吉のシンボル・打吹山のふもとには「日本の都市公園百選」にも選ばれた打越公園があり、桜の名所としても知られている。

関金温泉の特徴

鶴が入浴しているところを行基が発見し、弘法大師が荒れ果てていた温泉地を整備したと伝えられ、発見者を弘法大師とする説もある。泉質は放射能泉。鳥取県にある三朝温泉に次いで、日本国内第2位のラドン放射能を有する。関金温泉と三朝温泉の湯が放射能を帯びている理由は長年不明だったが、1955年に近くで水成ウラン鉱が発見され、これに由来することが判明した。

泉質
ラジウム泉
効能
神経痛、リウマチ、筋肉痛、皮膚病

関金温泉の住所・アクセス

鳥取県倉吉市関金町関金宿
車でお越しの方
湯原ICより車で約40分
電車でお越しの方
倉吉駅よりバスで約30分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

ゆこゆこナビゲーターへ
お気軽にご相談ください。

ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
    ※一般の固定電話から1分11円、携帯電話から
    20秒11円 の通話料金がかかります。(税込)
    ※ 一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
    050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

このページをシェアする