• このページをシェア

たまがわ玉川温泉

火山が作り出す強酸性の湯でゆっくり療養

十和田八幡平国立公園内にある湯治場として発展した温泉地。十和田八幡平国立公園に指定される八幡平は、岩手と秋田の県境に広がる雄大な自然スポットだ。園内には原生林が広がり、新緑や紅葉の景色が素晴らしく、冬はスキー天国としてにぎわいを見せる。通年楽しめるリゾート地として人気だが、楯状火山地形アスピーテで今もなお火山現象が起こり、湿原が点在するという荒々しい一面も。 温泉地は八幡平の西方にある泥火山・焼山の海抜約740mに位置し、道中にある毛せん峠付近は、ガンコウランやコケモモ、ハイマツなどの緑が満ちあふれ、山頂付近の荒涼とした火山地形とは対照的だ。焼山山麓に足を踏み入れると、硫黄臭に包まれ、岩肌に小さな露天風呂が点在するのが見える。1680年に発見された当初は硫黄採掘場として開発されていたが、明治時代になって湯治場として発展したとか。 宿は一軒宿で他の温泉地や観光地と異なり、療養と静養を目的とした湯治宿になっている。ダイナミックな大自然の中、本気で身体を癒したい人にぜひおすすめしたい。

玉川温泉の宿一覧(0件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、疲労、胃腸病、高血圧

火山が生む強酸性の湯が特徴の温泉。泉温約98℃、1カ所からの温泉湧出量が毎分約9000L、そして温泉水の水素イオン濃度が1.2と、日本でもトップクラスの湯量と強酸性を誇る。pH1.2といえば胃液よりも強い酸性。湯舟に浸かると肌がピリピリとするほどで、石鹸も泡立たない。ラジウムを大量に含んだ泉質は、昔からガンや皮膚病をはじめ万病に効くといわれ、今も療養のために長く湯治に来る客が絶えることはない。真剣に自らの病と向き合う人々の信頼と期待を集める、効能あらたかな名湯である。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢

アクセス

  • でお越しの方

    盛岡ICから車で約120分

  • 電車でお越しの方

    田沢湖駅からバスで約70分

このサイトをシェアされたい方はこちら