• このページをシェア

とわだこにしこはん十和田湖西湖畔温泉

十和田湖畔に建つホテルに湧く温泉

「山は富士、湖は十和田湖」と評されるなど、四季折々に美しさをたたえる十和田湖の西湖畔にあたる一帯に湧く温泉。 周囲約46.2㎞、最大深度は日本第3位の約327mという十和田湖の周辺は豊かな自然があふれ、その代表ともいえる「奥入瀬渓流」は見る者を圧倒する美しさ。樹木と岩石、渓流が相まって織りなす数々の名所が連なり、春の新緑、秋の紅葉時には多くの観光客で賑わう。 1936年(昭和11年)には、八甲田火山群を含む一帯が「十和田八幡平国立公園」に指定された。この国立公園指定15周年を記念して建てられたのが御前ケ浜のブロンズ像「乙女の像」。高村光太郎晩年の作品で、湖畔のシンボルとして知られている。湯殿に身を沈めて目をつぶれば、旅の1コマ1コマが鮮やかに浮かんでくる。

十和田湖西湖畔温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性など

十和田湖畔に建つ「十和田プリンスホテル」に湧く温泉。広々とした屋根付きの露天風呂に源泉100%の湯が滔々と注いでいる。樹齢約百年の南部赤松を使用した屋根は9mもの高さがあり、開放感たっぷり。春から夏にかけては湖畔の緑、秋は紅葉、夜には満天の星が美しく、贅沢な湯浴みを楽しめる。昼12時~夕方5時までは立ち寄り入浴も可能だ。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

秋田県鹿角郡小坂町

アクセス

  • でお越しの方

    十和田ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    十和田南駅から車で約60分

このサイトをシェアされたい方はこちら