• このページをシェア

はなまきみなみおんせんきょう わたり花巻南温泉峡 渡り温泉

露天風呂も檜湯も女性に心を配った明るいいで湯

宮沢賢治の童話「なめとこ山の熊」の中に登場する“なめとこ山”から流れ出る豊沢川沿岸に、野趣あふれる温泉やひなびた温泉が点在する花巻南温泉峡。 そのうち、志戸平温泉と大沢温泉の間、豊沢川と支流・大沢川が合流する場所に、温泉郷の新しい仲間としてお目見えした新しい温泉が渡り温泉だ。 湯船は、大きなガラス窓越しの大浴場に広々とした露天風呂や香り高い檜風呂と多彩。四季折々の山々の緑のうつろい、川のせせらぎ、鳥のさえずりを間近に感じながら、身も心も癒される安らぎに満ちたひとときを過ごしたい。

花巻南温泉峡 渡り温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、胃腸病、冷え性、痔疾など

多くの温泉が散在し個性を競う花巻温泉郷のなかでも、平成2年に開湯した温泉。特に女湯のスペースが広くとられており、女性客への心配りを見せている。山あいの景色を見渡しながら、明るく開放的な湯浴みが楽しめる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

岩手県花巻市

アクセス

  • でお越しの方

    花巻南ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    花巻駅から車で約25分

このサイトをシェアされたい方はこちら