一関温泉郷(いちのせきおんせんきょう)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

厳美渓のイメージ画像  

厳美渓

四季折々の景色が美しい渓谷

約2キロメートルにわたり、盤井川の両岸に奇岩の連なる渓谷が続く。春の桜、初夏のツツジ、秋の紅葉と四季折々に見せる美しい景色と、エメラルドグリーンの川の流れが織り成す渓谷美は秀逸。

 
  • 住所:一関市厳美町字南滝ノ上
  • TEL:0191-21-2111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

猊鼻渓のイメージ画像  

猊鼻渓

獅子(猊)の鼻に似た岩がある渓谷

高さ約50mの石灰岩の岸壁が2kmほど続く砂鉄川の渓谷。奇岩や滝が点在し、獅子(猊)の鼻に似た鍾乳石があることから命名された。舟下りでゆったりと四季折々の景勝を楽しむ事もできる。

 
  • 住所:一関市東山町長坂字町
  • TEL:0191-47-2341
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人1,500円、高校生1,200円、中学生1,000円、小学生800円、幼児100円(舟下り料金)

石と賢治のミュージアム・太陽と風の家のイメージ画像  

石と賢治のミュージアム・太陽と風の家

宮沢賢治の作品に登場する鉱物などを展示

“石ッコ賢さん”と呼ばれ岩石や鉱物に高い関心を持っていた作家・宮沢賢治が技師として働いていた「東北砕石工場」跡に開設された博物館。賢治の作品中に登場する鉱物や化石の標本をそろえ、彼の生前の活動や業績について展示している。

 
  • 住所:一関市東山町松川字滝ノ沢149-1
  • TEL:0191-47-3655
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人(高校生以上)300円、小・中学生200円

中尊寺のイメージ画像  

中尊寺

天台宗の東北総本山

慈覚大師によって850年(嘉祥3)に開かれた天台宗の大本山。14世紀に金色堂と経蔵だけ残して焼失するも、その後再建された。表参道の月見坂より約1キロの坂を上り、金色堂に至るまで、北上川や束稲山の美しい景色を楽しむことができる。座禅や写経の体験もできる。

 
  • 住所:西磐井郡平泉町衣関202
  • TEL:0191-46-2211
  • 駐車場:なし
  • 入場料:境内無料

毛越寺のイメージ画像  

毛越寺

極楽浄土を地上に再現した庭園が残る

奥州藤原氏の2代基衡(もとひら)が建立した、壮大な伽藍と庭園を擁する古刹。その後、寺院の建築は火災で失われたものの、池・築山・州浜・遣水などを配し、仏の世界「浄土」を表現した美しい庭園は完全な姿で現在に伝えられている。

 
  • 住所:西磐井郡平泉町平泉字大沢58
  • TEL:0191-46-2331
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人500円、高校生300円、小・中学生100円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。