• このページをシェア

かつらぎかつらぎ温泉

四つの泉質をかけ流しで贅沢に楽しむ

紀ノ川や貴志川の潤いに抱かれた和歌山県かつらぎ町。年間の寒暖差を活かしてさまざまな果物が栽培されている。特に柿の産地として有名で平核無柿(ひらたねなしがき)の生産高は日本一、串柿(くしがき)も最大規模 を誇る。 小さな山間に佇むかつらぎ温泉は4つの源泉を4つのお風呂で贅沢にかけ流ししている温泉だ。特に大浴場に使用している源泉は数万年前の海水が温泉として湧き出た「化石海水」と呼ばれるもので、その濃度は日 本でトップクラスに入るという。 保温と保湿に優れ、湯冷めしにくい特徴がある。露天風呂や内湯だけでなく、サウナや足湯も完備されており、日帰り入浴も可能なので地元客や観光客の立ち寄り湯として根強い人気がありリピーターも多い。

かつらぎ温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、婦人病、冷え性、皮膚病、打撲、痔疾

一の湯:ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉、二の湯:含二酸化炭素‐ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉、含鉄‐ナトリウム‐塩化物強塩低温泉の混合、三の湯:温泉法第二条別表に規定するメタケイ酸、メタホウ酸の項により適合する温泉。四の湯:含二酸化炭素‐ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

和歌山県伊都郡かつらぎ町

アクセス

  • でお越しの方

    かつらぎICから車で約3分

  • 電車でお越しの方

    笠田駅から徒歩約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら