• このページをシェア

しおた塩田温泉

日本の原風景に出会える「姫路の奥座敷」

山に囲まれて静かに広がる農村風景。4月、夢前川沿いに約3000本の桜が咲き乱れ、夏には今ではあまり見られなくなったホタルが作り出す幻想的な世界に酔いしれる。初めて訪れた場所なのに、なぜか懐かしい気持ちになる。 そんな日本の原風景の中に湧くのが塩田温泉だ。姫路から車で約30分。播磨地方唯一のいで湯として、昔から多くの人に親しまれてきた。世界文化遺産にも登録されている“白鷺城”こと国宝・姫路城。 羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)が築いた天守閣をはじめ、約400年前の姿を今に伝える。その美しさを堪能した後は、“姫路の奥座敷”へ。古き良き時代の日本に出会える。

塩田温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、疲労、婦人病、胃腸病、皮膚病

縄文時代の出土品も発見されているという歴史ある町、夢前町に湧く温泉。約300年前にはすでに丹波、摂津、備前、四国地方から多くの湯治客を迎えた記録が残る古湯。冷鉱泉の含炭酸塩化物泉は、古くから薬効があることで評判の湯だ。2軒の宿でゆっくり湯浴みを楽しんだ後は、弥勒寺、置塩城跡や上山古墳群などの史跡を散策してみるのもよい。数千年の歴史が静かに出迎えてくれる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

兵庫県飾磨郡夢前町塩田

アクセス

  • でお越しの方

    夢前スマートICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    姫路駅からバスで約40分

このサイトをシェアされたい方はこちら