• このページをシェア

ゆむら湯村温泉

源泉の荒湯は98℃、川も湯になる豊富な湯量

兵庫県と鳥取県の県境近く、情緒あふれる老舗旅館や近代的な宿が軒を連ねる温泉地。昭和56年に放送されたテレビドラマ「夢千代日記」の舞台となり、一躍有名になった。川にかけ流すほど豊富な温泉はもちろん、食べることも楽しみの一つ。 温泉熱を利用する荒湯たまごをはじめ、温泉水で茹でた荒湯豆腐は重曹をたくさん含んでいるため表面が滑らか。また、水揚げ量日本一の浜坂港から直送される捕れたてのホタルイカは、お刺身や湯がきで。 さらに、きめ細かい霜降りと鮮やかな紅色が自慢の但馬ビーフ、温泉水で茹でた蕎麦など一度は味わってみたい逸品ばかり。海に近い旅館では、冬になると活きのいい松葉ガニ料理も堪能できる。

湯村温泉の宿一覧(6件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、皮膚病など

今から約1200年前、慈覚大師によって開湯されたと伝えられる古湯。温泉街を流れる春来川沿いに湧く荒湯源泉は、毎分470Lもの豊富な湯量を誇る。また、98℃という高温の湯を使った名物・荒湯たまごや傍らの湯つぼで野菜を茹でる光景は、すっかり町の風物詩。豊富な湯を利用した長さ約7m、日本一長い足湯も楽しめる。温泉街全体の源泉数は約60カ所。1分間に約2300Lが湧出し、各家庭へ配湯される。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

兵庫県美方郡新温泉町大字湯

アクセス

  • でお越しの方

    生野北ICから車で約105分

  • 電車でお越しの方

    浜坂駅からバスで約25分

このサイトをシェアされたい方はこちら