• このページをシェア

たからづか宝塚温泉

歌劇の街・宝塚に湧き出す歴史ある温泉

JR「大阪駅」や伊丹空港から電車で30分足らずというアクセスの良さが魅力の宝塚にある温泉地。作家・北尾鐐之助は、昭和初期の著作『宝塚新繁昌記』の中で宝塚温泉に触れ、「東岸の新温泉、歌劇場は、どこまでもモダン気分、大衆気分、日帰り気分。それに引きかえて、西岸の旧温泉は、入湯気分、遊蕩気分、逗留気分。」と記している。 武庫川右岸(西)に宝塚温泉が開湯したのは明治20年。その後、明治末期の鉄道の開通により温泉街の発展に拍車がかかり、武庫川左岸(東)に新しい温泉が誕生した。その新温泉の余興として誕生したのが宝塚歌劇団の前身「宝塚歌唱団」だ。大正3年には年間約24万人もの湯客が訪れ、年々増加していったという記録が残っている。 そして現在、街にはお洒落なレストランやケーキショップが増え、風景は変わりつつあるが、歴史ある温泉の湯煙や少女たちの歌声は今も昔も変わらない。ロマンあふれる歌劇と良質の温泉が夢見心地のひとときを届けてくれる、魅力に満ちた温泉地だ。

宝塚温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、高血圧

「宝塚歌劇団」の本拠地として全国的に知られる宝塚市に湧く温泉。その昔、武庫川右岸の川下に地元の人に親しまれている湧き水があった。明治17年、その水を鑑定したところ、飲用・浴用に適した鉱泉と判明し、後の明治20年に温泉地として開湯したと伝えられる。現在では、老舗のホテルやスパ機能の整った日帰り入浴施設が点在。武庫川を一望する眺望自慢の風呂やロマンティックなバラ風呂、中には鉄分を含んだ赤褐色の源泉がかけ流しで使われている風呂など、各宿自慢のバラエティ豊かな湯殿とともに、それぞれ趣向を凝らしたサービスを展開して

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

兵庫県宝塚市

アクセス

  • でお越しの方

    宝塚ICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    宝塚駅からすぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら