"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

ようこそ ゲストさん

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

電話予約

タツノクチ

石川県

辰口温泉の基本情報

  • 明治の文豪・泉鏡花が愛した古湯

    明治の文豪・泉鏡花が愛した古湯

  • 【混浴露天風呂/田んぼの湯】開放感たっぷりの大露天風呂。入浴着もあるので女性も安心して家族やカップルで愉しめる

    【混浴露天風呂/田んぼの湯】開放感たっぷりの大露天風呂。入浴着もあるので女性も安心して家族やカップルで愉しめる

  • 【タグ付加能蟹懐石/例】※写真の加能ガニは2名様分・香箱ガニは6名様分になります

    【タグ付加能蟹懐石/例】※写真の加能ガニは2名様分・香箱ガニは6名様分になります

  • 【露天風呂】入浴後に肌が滑らかになると評判の美人の湯を満喫

    【露天風呂】入浴後に肌が滑らかになると評判の美人の湯を満喫

明治の文豪・泉鏡花が愛した古湯

小松市の北西、加賀平野を見渡す丘陵地にある“古都金沢の奥座敷”。JR「能美根上駅」の東へ約8㎞行った辰口丘陵公園の近くに広がる。明治の文豪・泉鏡花の郷土として知られ、温泉宿の「まつや」を舞台にお絹という女性を描いた短編『海の鳴るとき』にも登場。 幼くして母を亡くした鏡花は辰口に住む叔母に引き取られ、18歳の時に読んだ尾崎紅葉の『夏痩せ』に影響を受け作家を目指したといわれる。まさに“泉鏡花誕生の地”だ。 また周辺には、源平の戦いを描いた『源平盛衰記』に出てくる「根上の松」や、歌舞伎『勧進帳』の名場面の一つ「弁慶謝罪の地」、“福を集める寺”といわれる「集福寺」などの名所旧跡や古刹も多い。

辰口温泉の特徴

養老の年、村人が傷ついた馬の脚を湧き出る湯で癒したという言い伝えが残る、約1400年の歴史を持つ古湯。長い歴史の中、度重なる川の洪水で源泉が埋まってしまったことがあるとか。源助という男が家財を投売り掘り起こすも失敗。ある時、夢枕に現れた薬師如来に「さらに深く掘り盤石を取り除け」といわれ、その通りにすると再び温泉が湧き出たという。その盤石は現在、旧辰口博物館に保管されている。泉質はナトリウム‐硫酸塩・塩化物泉で、肌がつるつるになる美人の湯としても評判。廃泉の危機を乗り越え、今もこんこんと湧き出るなめらかな肌

泉質
硫酸塩泉
効能
神経痛、筋肉痛など

辰口温泉の住所・アクセス

石川県能美市辰口町
車でお越しの方
三河ICから車で約20分または小松ICから車で約15分
電車でお越しの方
小松駅からバスで約25分、辰口温泉下車

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

ゆこゆこナビゲーターへ
お気軽にご相談ください。

ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
    ※一般の固定電話から1分11円、携帯電話から
    20秒11円 の通話料金がかかります。(税込)
    ※ 一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
    050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

このページをシェアする