• このページをシェア

みやづ宮津温泉

歴史ある町並みと復活した温泉

京都府宮津市は日本三景の天橋立を擁する市で、京都市を除く観光都市としては府内随一。年間100万人以上の観光客が訪れている。宮津市内にはいくつかの温泉があるが、宮津温泉は比較的古く昭和35年頃からあったという。 いつしか湯脈が切れて一時消滅したが、街が一丸となって復興に乗り出し、平成13年には24年ぶりに名称も新たに開湯した。現在は7軒の宿泊施設が温泉を引いており、天橋立の松並木と宮津湾を望める露天風呂が自慢の宿もある。 また中心街には江戸時代の商家や国登録有形文化財の宿など昔ながらの町並みが残されている。

宮津温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、婦人病など

0

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

京都府宮津市文珠赤岩

アクセス

  • でお越しの方

    宮津天橋立ICから車で約5~10分

  • 電車でお越しの方

このサイトをシェアされたい方はこちら