• このページをシェア

あやべ ふくちやまおんせん綾部・福知山温泉

歴史探訪も楽しみたい塩化物泉の温泉

京都府北部の中丹地方に属する京都府福知山市。数々の出土品より縄文時代から人が居住していた様子がうかがえるが、特に発展を見せたのが16世紀に入ってから。 明智光秀が当地の有力豪族を倒し、その城を福知山城と名を変えて手中に納め城下町としたことが現在の福知山市を形成している。旧市街地は江戸時代の町割りが今もそのまま残っており、昔の面影を今に感じることができる。 藍染め、丹波うるし、黒大豆、丹波栗などの全国的に有名な特産品も多い。綾部・福知山温泉は、工業団地が立ち並ぶエリアにある温泉で、近隣ホテルはビジネス・リゾート・宴会・婚礼などで利用されている。塩化物泉なので切り傷などの治癒にも効果が期待できる。良質な泉質のなめらかな温泉でゆっくり湯浴みを堪能したい。

綾部・福知山温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、皮膚病、打撲、痔疾

自家源泉、加水なし、加温あり、循環あり、ろ過あり。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

京都府福知山市

アクセス

  • でお越しの方

    福知山ICから車で約3分

  • 電車でお越しの方

    福知山駅からタクシーで約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら