• このページをシェア

しょうてんきょう小天橋温泉

小天橋砂州に湧く観光協会掘削の温泉街

京都府の最北端に位置し日本海に接している京丹後市。京丹後市は1868年(慶応4年)に明治政府によって設置されたかつての久美浜県にあたる。 その名を継ぐ久美浜町は山陰海岸国立公園の一部として指定されており、どこまでも続くロングビーチと多数の温泉地が点在するエリアだ。小天橋温泉は小天橋砂州に湧く温泉地で、2001年(平成13年)に小天橋観光協会が掘削し、現在は多数の宿泊施設が引き湯している。グルメも堪能 したいのなら、11月~3月がおすすめ。 日本海の宝石と呼ばれる松葉蟹、身がぷっくりしていて濃厚な久美浜湾の牡蠣などがシーズンを迎える。雄大な日本海を眺めながら湯浴みを楽しみ、新鮮な魚介料理を堪能する。これこそが日本の温泉旅といえるのではないだろうか。

小天橋温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、皮膚病、打撲、痔疾

泉温34.9℃、湧出量毎分461.5L。療養泉に認定されている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

京都府京丹後市久美浜町

アクセス

  • でお越しの方

    京丹後大宮ICから車で約55分

  • 電車でお越しの方

    小天橋駅からタクシーで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら