"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

ようこそ ゲストさん

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

電話予約

オナガワオンセン

宮城県

女川温泉の基本情報

  • ウミネコがいざなう、万石浦を一望する絶景の一軒宿

    ウミネコがいざなう、万石浦を一望する絶景の一軒宿

  • 【眺望/例】お風呂・客室から海を一望できる ※客室により眺望は異なります

    【眺望/例】お風呂・客室から海を一望できる ※客室により眺望は異なります

ウミネコがいざなう、万石浦を一望する絶景の一軒宿

カキの養殖地であるとともに景勝地としても有名な「万石浦(まんごくうら)」のほとりの温泉。「華夕美」という全室オーシャンビューの宿が建っており、三陸の海の幸を活かした料理も評判。万石浦に沈む夕日は美しく、息をのむよう。東日本大震災のときはカキの養殖設備が流されるなどの甚大な被害をうけた地域だが、着実に復興を進めている。女川町の復興を象徴するのが、女川駅舎。ウミネコをモチーフに建築家 坂茂氏が設計した、木造りの建物だ。そこに併設された温泉施設「ゆぽっぽ」は和モダンで清潔感のある温泉施設で、地元の人にも観光客にも人気である。市街地と女川湾を一望する展望台もあるほか、駅前商店街「シーパルピア女川」では日用品からお土産まで買いそろえられる。

女川温泉の特徴

まろやかなアルカリ性のお湯で、pHは8.8。海沿いの温泉らしい「塩化物泉」で、アルカリ性のクレンジング効果と、塩の保湿効果の両方が期待できる美肌の湯である。1999年に利用が始まった新しい温泉で、温泉の少ない三陸地方では貴重な存在である。女川駅には温泉スタンドが置かれ、地元の人にも親しまれている。

泉質
塩化物泉
効能
疲労、冷え性、皮膚病、美肌

女川温泉の住所・アクセス

宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜天王130
車でお越しの方
三陸自動車道 石巻女川ICから車で約25分
電車でお越しの方
JR石巻線 浦宿駅から徒歩約15分(女川駅・浦宿駅から随時送迎)

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

周辺の観光スポット

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

ゆこゆこナビゲーターへ
お気軽にご相談ください。

ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
    ※一般の固定電話から1分11円、携帯電話から
    20秒11円 の通話料金がかかります。(税込)
    ※ 一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
    050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

このページをシェアする